FC2ブログ
龍之介のほどほどにエッチな官能小説ブログ
龍之介が趣味で書いたほどほどにエッチで官能小説、異性の口説き方、エッチについてのお役立ち情報、艶笑ことわざ・金言集、その他官能的エッセイ、雑文等々を発表していきます。 きっと読者のお役に立ちますよ!!
02 | 2019/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★愛撫の小道具――バイブ、筆、シェービングブラシ等々
 さて、女性を愛撫するのに、こういう小道具を使うのは邪道だと思っている方は読まないでください。それ以外の方は、どうぞ参考に読んでみてくださいね。私は初対面の女性には使わないが、二度目以降で、こうした小道具を使うのに反対しない女性には、筆やバイブ、あるいはその他小道具を使うことがある。

 つい先日も、ある人妻とデートしたが、その時に筆を持参し、前戯に使用した。
「えっ、いやだー、なに使うの?」と未経験の彼女は尻込みしたが、別に嫌そうではない。両手を後ろ手に縛り付けてから、筆を鼻の先にかざして、「さあ、これで悪戯してあげるぞ」と言いながら、抵抗できない彼女の耳や、うなじ、肩などを筆先ではくように撫でる。

「いやーん、くすぐったいわ」と、身を揉んでいた彼女も、その内に喘ぎ始める。乳房の先端に既に尖り勃っている乳首を筆先で、そっと撫でる。

「ああん、いやん……」とか言って身を退くが、縛られているから抵抗は不能である。もう、一本の筆も取り出して、それを股間に入れていき、太腿を撫でる。さらには、奥へと侵入させていき、ヴァギナを筆先で撫で回す、
「ああーっ、気持ちいいーっ」 彼女は、身を震わせて歓ぶ。

 その後、私は、彼女を俯せにして、アナルを筆先で撫で回し、同時にもう一本の筆先をヴァギナに少し突き入れて回転させる。筆での愛撫を行って、彼女に喜悦の喘ぎや、悲鳴を挙げさせてから、今度はクンニや、バイブでの愛撫に移っていくのである。彼女は、泣くような声を挙げて、歓びつづけたのである。使ったことのない方は、一度お試しあれ!!



テーマ:愛のかたち - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryuu01.blog59.fc2.com/tb.php/910-ab2c18ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryuu28

Author:ryuu28
龍之介のブログへようこそ!

 私は、まじめで温厚、知的、痴的な男です。趣味は、小説を書くほか、読書、絵画鑑賞、旅行、自然・史跡等探索、カメラ、HP・Blog作成です。仕事は自営ですが、実務は無し。毎日休み同然の暮らしです。現在、小説をはじめ良品を販売するネットショップ経営を目指しています。
 以上、よろしくね!!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。