FC2ブログ
龍之介のほどほどにエッチな官能小説ブログ
龍之介が趣味で書いたほどほどにエッチで官能小説、異性の口説き方、エッチについてのお役立ち情報、艶笑ことわざ・金言集、その他官能的エッセイ、雑文等々を発表していきます。 きっと読者のお役に立ちますよ!!
12 | 2019/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★相談に乗って欲しいの――と、誘われて私は……
 さて、私はアメーバをはじめ、二、三のホームページや、ブログをアップしているが、ときどき私のところに、「相談に乗って欲しいの」と、コメントや、プチメを入れてくる女性が居るのである。で、その内のかなりの割合で、結果的に、私の上に乗って欲しいの……と、なったケースがあるのだ。

 先々月にも、地方に住む四十代の人妻が、近いうちに上京するから、相談に乗って、と言ってきた。
 当然、「乗って……」という言葉には、すぐに、反応する 私のこと。もちろん、相談にでも、なんでも乗りますよ……と、暗にあなたの上にでも、という意味を込めて返事をした。

 さて、当日、新宿で逢ったその人妻、美人ではないが、可愛い系の色白で目の大きな女性であった。身体は、やや、豊満と言うかグラマーである。裸になって、ベッドに横たわったら、さぞや淫らで、男心を蕩けさすのでという感じ。さっそく、カラオケに連れ込み……じゃなかった、ご案内し、そこで相談に乗ったのである。彼女の相談というのは、実は、夫から、「お前は緩くて、つまらん。淹れてもちっとも良くない」と宣告されたとのこと。
 つまり、相談内容は、どうしたら、男を……つまりペニスをぎゅっとくわえこみ、狂喜させるような締まる女性自身になれるでしようか?……というのである。

 なぜ、私にそんな相談を、と不審に思ったが、そこは経験豊富で、口の達者な私のこと。彼女に、私の乏しい体験と知識に基づき、縷々、解説したのである。ところが、彼女は、浮かぬ顔……。
 そう、それでは、話しだけではなんですから、私が試してみましょうか?……と言ってみたところ、彼女、待っていたように、ハイッと返事をして、にやり……じゃなかった、にっこり。

 で、さっそくカラオケからラブホに場所を移して、相談に乗った……じゃなかった、彼女の上に乗ったのである。私は、彼女の豊満、かつ艶やかな肉体を全裸にし、念入りに、しつこく丁寧に愛撫を行い、口からは、淫らな言葉を連発して、彼女をどんどん淫蕩な気分に盛り上げてから、ついに、ぐぃーっと、そうにゅう。な、なんと……そんなに緩くは無いのである。
 彼女も、繋いだ瞬間、身体を弓なりに反らせ、「ああーーっ」とか、「ひぃーーっ」とか、「いいっ、いいわーーっ」とかの喜悦の声、いや、悲鳴を連発して、自らも腰を振って、大喜び。

 よほど、飢えていたのか、ラブホでの数時間。シニアの私にとっては、大変な労苦、いや、責め苦。
 彼女は、とにかく凸フェチで、もう、いつまでも私の凸を手で支え、頬ずりし、舐め、咥えて、吸ったり咬んだり……。また、上に乗るのがお好きで、豊満な肉体で私を抑えつけ、「好き、好きよ、亮くん、大好き」と、潤んだ目で私を至近距離から見つめながら、囁きつづけるのだった。私の凸が萎えると、すぐさま、手で舌で愛撫攻撃。

 ようやくピサの斜塔のように勃ち上がると、「あらっ、また大きくなったわ。せっかくだから、もう一度」と呟くと私を跨ぎ、自分の手で支えながら、そうにゅう。そして、また前述のごとき、あられもない悲鳴を連発するのであった。

 すべて、終わって帰るとき、私は腰が痛くて、よれよれ……。目はかすみ、息はぜいぜい。
 その日の夜、彼女から、メールが入って、「とっても良かったわ。またしようね……」と書いてあった。うーーーん?



テーマ:ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryuu01.blog59.fc2.com/tb.php/642-8995a29e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryuu28

Author:ryuu28
龍之介のブログへようこそ!

 私は、まじめで温厚、知的、痴的な男です。趣味は、小説を書くほか、読書、絵画鑑賞、旅行、自然・史跡等探索、カメラ、HP・Blog作成です。仕事は自営ですが、実務は無し。毎日休み同然の暮らしです。現在、小説をはじめ良品を販売するネットショップ経営を目指しています。
 以上、よろしくね!!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。