FC2ブログ
龍之介のほどほどにエッチな官能小説ブログ
龍之介が趣味で書いたほどほどにエッチで官能小説、異性の口説き方、エッチについてのお役立ち情報、艶笑ことわざ・金言集、その他官能的エッセイ、雑文等々を発表していきます。 きっと読者のお役に立ちますよ!!
06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★エッチ関連の、「ことば集」――強姦(レイプ・rape)
 暴行・脅迫の手段を用い、または心神喪失・抗拒不能を利用して女子を姦淫すること。無理矢理女性と交わること。強淫。婦女暴行。(反対語:和姦)
(広辞苑より)

 さて、強姦(レイプ・rape)とは、上記のような意味であるが、実に反社会的行為であり、絶対にやってはいけない行為である。

――ということで、当ブログ読者のみなさんは、強姦なんていう恐ろしいことは、縁がないまじめな、順法精神に富んだ方であると確信しています。もちろん、私もそうです。
 さてさて、強姦はもちろん、いけませんが、親密な関係にある男女の間で、なかば合意の上で、無理矢理に異性に迫るということは、よくあることと思います。

 私の今までの長い経験においても、女性で、レイプ同然に無理矢理セックスをされるということに、大きな歓びを感じる人は結構多くいました。レイプまでいかなくても、たとえば、衣服や、アクセサリーや眼鏡を掛けたままの状態で、いきなり襲われて、下着だけを脱がされて、動物的にセックスをされたいという願望を持っている人が居ました。

 なぜか、そういう女性は、知的で社会的な地位もある人、あるいは、一流大学に通う清楚な女子大生等が多かったのです。やはり、女性には本能的に、被征服願望があるのかもしれません。当然、男には、征服欲というものがあり、親密な関係になってからでも、征服欲を満足させるような抱き方を好みます。私の場合は、よくソファーの上で、女性がまだ衣服を身につけている状態で、突然、襲って、あられもない格好で最後まで突っ走ることがあります。もちろん、そうした行為をしても、相手が本気では怒らないと分かっている相手だけにしかしませんが。


 




テーマ:愛のかたち - ジャンル:恋愛

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryuu01.blog59.fc2.com/tb.php/605-d5a27129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryuu28

Author:ryuu28
龍之介のブログへようこそ!

 私は、まじめで温厚、知的、痴的な男です。趣味は、小説を書くほか、読書、絵画鑑賞、旅行、自然・史跡等探索、カメラ、HP・Blog作成です。仕事は自営ですが、実務は無し。毎日休み同然の暮らしです。現在、小説をはじめ良品を販売するネットショップ経営を目指しています。
 以上、よろしくね!!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。